ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: アート > [ 「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 ]

「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団:公演チラシ1

2010年6月5日(土)
滋賀県大津市:びわ湖ホール

2010年6月8日(火)9日(水)11日(金)12日(土)13日(日)
東京都新宿区:新宿文化センター


公演情報:お問い合わせ先

・日本文化財団
 ⇒ http://www1.ocn.ne.jp/~ncc/


日本初演:過渡期の大作

来日20周年記念である2006年には、初来日公演に含まれていた「春の祭典」(1975年初演)と「カフェ・ミュラー」(1978年初演)を、久しぶりに上演したピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団。

このところは新作や、世界各都市とのコラボレーション作品が多かったような印象ですが、前回の2008年来日公演では「パレルモ、パレルモ」(1989年初演)を見せてくれました。


その後に発表された今年2010年の来日公演の演目は、意外?にも『私と踊って』(1977年初演)。


「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団:公演チラシ2「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団:公演チラシ3


マリオ・ジャコメッリの写真をイメージさせるような、白い背景と黒い男たち。

とはいえ、静謐さよりも、動と静の対比を感じさせる舞台装置でしょうか。


もともとは、作品内でも音楽として使用されているのが民謡でもあり、そのタイトルは「民謡(Volkslieder)」となるはずだったようです。

この作品は、ピナ・バウシュがヴッパタール舞踊団の芸術監督に就任して以来、試行錯誤の真っ最中ともいえる時期のものと考えられるでしょう。


音楽やバレエなどのクラシックな要素を排除し、さらにはダンスそのものをも遠景に留め置くような展開。そして何より、事前の過程においてダンサーへの質問という手法を取り入れ始めた、そのような時期の作品であるということです。


現在では、そのピナ・バウシュとしては当たり前の制作手段も、突然にひらめいたという、天啓のようなものではなかったのです。

その頃、振付家としてのピナと、ダンサーたちとの間には齟齬が生れていました。


当初はそれを埋めるものとして編み出された、いわば苦しいなかでひとつの可能性に賭けた、頼みの綱だったのかも知れません。

それが、以来最後の最期まで続いた、画期的な手法として高められていったのですから。

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団の現在のかたち。

そして何よりも、突然に逝ってしまったピナ・バウシュ。


その始まりの瞬間を感じられる、忘れられない来日演目となりそう。

カーテンコールを想像すると目頭が熱くなります。


注意:ネタバレ情報1

以下の動画は、今回の『私と踊って(Komm tanz mit mir)』の一場面をみることができます。

お好みでどうぞ。




注意:ネタバレ情報2

日本文化財団の公式サイトにも動画が用意されました。

高画質バージョン(3分 710kbps)と低画質バージョン(3分 108kbps)です。環境に応じてどうぞ!

・日本文化財団
 ⇒ http://www1.ocn.ne.jp/~ncc/




参考書籍




洋書

「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団(2010.03.04)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/399


クリック・アンケート

この記事 [ 「私と踊って」ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: アート ] カテゴリー:前後の記事を見る
クリストとジャンヌ=クロード展 «前 | 次 » 映画『ビューティフル アイランズ』


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ