ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[『暮らしのヒント集』] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: ライフ > [ 『暮らしのヒント集』 ]

『暮らしのヒント集』

暮らしのヒント集

暮らしのヒント集
まいにちの暮らしを美しくする469の工夫とアイデア

著:暮らしの手帖編集部
刊:暮らしの手帖社
定価:1200円+税


暮らしのヒント集

目次

まえがき(暮らしの手帖編集長 松浦弥太郎) 14ページ

第1章 工夫と発案(No.1-89) 19ページ

第2章 今日もいちにち、ありがとさん(No.90-165) 55ページ

第3章 うたうようにゆっくりと(No.166-239) 85ページ

第4章 なんでもとりいれてかわいがる(No.240-313) 117ページ

第5章 まいにちできること(No.314-391) 151ページ

第6章 うつくしさより、ていねいさ(No.392-469) 183ページ

あとがき(暮らしの手帖社社主 大橋鎭子) 217ページ


ていねいに暮らす、生きる

広告のない暮らしの雑誌「暮らしの手帖」。

本書はその中の連載に加筆して編纂されたものです。


日常の生活における小さな知恵や工夫は、ひとつひとつは、そう大そうなものではありません。

けれども、確実に日々の自分に返ってくるものです。


何気ないと感じられる毎日の生活を、しっかりと暮らしていくこと。


見方によっては、昭和の香りがするような暮らしのヒントは、ともすると見過ごされがち。


 「そんなこと当たり前だよ。」

 「ふうん。べつに~。」

 「毎日、やってられるか。」

 「きれいごと、だね。」

 「どっちでもいいじゃん。」

 そんな感想も聞こえてくるかも知れません。


でもね。


すぐには、わからないことがきっとある。


毎日の積み重ねから、じんわりとしみ出すもの。

滋味(じみ)というのは、あとからゆっくりとやってくるものだとおもうのです。




アクセサリーについて

当サイトはファッション、なかでもアクセサリーにかかわりが深いので、それに関したヒントを本書から引用しておきます。

469のうちに、2つほどありました。

194 気分が落ち込んでいるときは、何かひとつアクセサリーをつけて出かけましょう。憂うつな気分も晴れてきますよ。
245 アクセサリーをつけて出かけましょう。洋服を着てアクセサリーをひとつもつけないのは、和服で帯留めをしないのと同じくらい、ぴりっとしないことです。




『暮らしのヒント集』(2009.07.12)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/374


クリック・アンケート

この記事 [ 『暮らしのヒント集』 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: ライフ ] カテゴリー:前後の記事を見る
『失われた時を求めて まんがで読破』 «前 | 次 » ディクショナリー dictionary / 桑原茂一


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ