ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[[モードの極意]45:着まわし考。] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: メール マガジン > [ [モードの極意]45:着まわし考。 ]

[モードの極意]45:着まわし考。

 No.45:着まわし考。
└───────────────────────────────┐


 着まわすこと。

 着まわさないこと。


 それらの中ばに、
 装いとしての「ファッション」の実質があるのかも知れない
 とおもうのです。


 コーディネイト一式をまるごと買うことからはじめても、
 ただひとつのアイテムにほれ込んで買いはじめても。

 服に興味を持って買い進めていくと、
 そのうちに手持ちのアイテムが増えてきます。


 そして、このカットソーにはこのスカート、
 このシャツにはこのパンツ、なんて、
 自分の気に入った組み合わせ=コーディネイトができあがってきます。


 それが自身のスタイル的なものに、
 いわば定番化してくると、
 その心地よさとともに退屈な印象をも、
 持つようになっていきます。


 たとえばそれをアンニュイ ennui(仏)と書いてみれば、
 一時的にはやり過ごせそうですが、
 その人ならではの「味」にまで熟成されるには、
 もう少しの時間が必要でしょう。


 そこらあたりで活躍しそうなのが、「着まわし」です。

 見慣れた、着慣れたアイテムを身につけるときに
 自分では絶対にしない=できないコーディネイトというものが、
 余白として生まれてきます。


(逆に、それらを試さないということが、
 あなたらしさという個性をかたちづくっているわけでもあるのですが。)

 もちろん、どういう理由からであれ新しい服を買わないときや、
 何らかの必要にせまられて着まわしに興味を持つことだってあります。


 それはともかく、雑誌や他人、街で見かけた人、知人、友人。

 そんなところに目を向けてみると、自分ではやらない、
 ちょっとした組み合わせが見えてきます。


 色についてであったり、
 上下(トップ&ボトム)などの量感や質感(素材感)であったり、
 小物との兼ね合いであったり。

 ある意味で、
 とても鮮度をもって捉えられる
 新たな分野におもえるのではないでしょうか。

 そう考えてみると「着まわし」は、
 自身がもうひとつ上のステージへあがるための、
 応用問題のようなものとも言えそう。

 まわりを見渡す余裕のようなものも生まれそうですし。


 でも、すべてのコーディネイトを使うということはないでしょう。

 組み合わせ可能だからといって、
 全部が好きなスタイリングではありえません。

 どれを選んで、どれを選ばないのか。

 それを決めることができるためのレッスンのようなもの。

 言い方をかえれば、
 装いにおける楽しみ方のひとつ。

 レジャーなのかも知れませんね。

 だからというべきなのかわかりませんが、
 残念ながら「着まわし」にも飽きるときがやってきます。

 人によっては、翻って基本に戻るためにも必要かも。

 結果として、「あれも、これも、それも」と「これだけ」の間。

 ファッションの醍醐味そのものは、
 そんなあたりを漂うことなのではないでしょうか。

┌───────────────────────────────┘
  (No.45:着まわし考。~終)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ポワン・ド・ビュ http://www.pdv.co.jp/ (c)2009 All Rights Reserved.
  無断転載は禁止されています。引用の際は出典元を明記してください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


◎モードの極意を求めて|ファッション・センスの作り方
 はメールマガジン専門サイト「まぐまぐ!」を利用して、
 登録されたメールアドレス宛にお送りしています。

※このページはバックナンバー(配信済み分)です。

 気に入っていただけましたら、以下のフォームからメールアドレスを登録してください。
 次回の最新号からメールにてお届けいたします!

[モードの極意]45:着まわし考。(2009.07.07)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/370


クリック・アンケート

この記事 [ [モードの極意]45:着まわし考。 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: メール マガジン ] カテゴリー:前後の記事を見る
[モードの極意]44:Aラインで行こう。 «前 | 次 » [モードの極意]46:ファッションと表面の問題。


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ