ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[[モードの極意]44:Aラインで行こう。] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: メール マガジン > [ [モードの極意]44:Aラインで行こう。 ]

[モードの極意]44:Aラインで行こう。

 No.44:Aラインで行こう。
└───────────────────────────────┐

 アルファベとディオール、その比率と均整。

 何ごとかの形状を表すとき。

 その視覚的イメージを喚起させるたとえとして、
 アルファベットが使われていることが多々あります。


 洋服の世界で、最も有名なものは何でしょう?


 やはり、Tシャツ T-shirt でしょうかね。

 ちなみに、ワイシャツは、
 ホワイト・シャツ white shirt の発音がなまったもので、
 Yシャツではないそうですよ。

 さて、二番手はどうでしょう。


 個人的には、Aラインを挙げたいとおもいますが、
 いかがでしょうか。


 服飾に特別な感情を持っていない人たちにも、
 洋服のシルエットやフォルム、ラインなどを言い表すことばとして、
 理解され、かつ、かなり定着しているのではないでしょうか。

 たいていの流行は、
 時代時代の流れのなかで同時多発的にというか、
 明らかな出所が見つけにくい調子で、
 傾向や動向が形成されていたりするものです。

 しかし、実はこのAライン。

 ファッション業界として、
 なんとなく一般的になったことばではありません。

 出生地がしっかりとあるのです。

 それは、前年にHラインを発表していたクチュリエ:
 クリスチャン・ディオールが、その発展形として、
 1955年の春夏コレクションに初めて登場させたシルエットなのです。

 ディオールにはそれら以外にも、
 同じくアルファベット(フランス語ではアルファべ)を用いた、
 Yライン(同年秋冬向け)というものがあります。

 アルファベットは、
 グラフィック・デザインを仕事とする人たちや
 学んでいる人たちにだけではなく、誰に対しても、
 文字としての美しさ、プロポーション(割合・比率、均整)
 というものがあるようにおもいます。

 これは縮尺を変化させれば、
 どのようなものにも応用することができ、
 感じることができる、
 そんな美しさなのではないでしょうか。

 今日では、さまざまな書体が数多く生まれていますし、
 そのバリエーションも絶えないものですが、
 まずはもっと大まかな形としての、
 アルファベットに学んでみる。

 昨今、シルエットやラインに注視することは
 流行遅れなのかも知れませんが、
 改めて、
 そんな風におもってみたりするのです。


┌───────────────────────────────┘
  (No.44:Aラインで行こう。~終)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ポワン・ド・ビュ http://www.pdv.co.jp/ (c)2009 All Rights Reserved.
  無断転載は禁止されています。引用の際は出典元を明記してください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


◎モードの極意を求めて|ファッション・センスの作り方
 はメールマガジン専門サイト「まぐまぐ!」を利用して、
 登録されたメールアドレス宛にお送りしています。

※このページはバックナンバー(配信済み分)です。

 気に入っていただけましたら、以下のフォームからメールアドレスを登録してください。
 次回の最新号からメールにてお届けいたします!

[モードの極意]44:Aラインで行こう。(2009.07.06)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/369


クリック・アンケート

この記事 [ [モードの極意]44:Aラインで行こう。 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: メール マガジン ] カテゴリー:前後の記事を見る
[モードの極意]43:ファッションと品質。 «前 | 次 » [モードの極意]45:着まわし考。


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ