ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[『リンゴが教えてくれたこと』] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: フード > [ 『リンゴが教えてくれたこと』 ]

『リンゴが教えてくれたこと』

『リンゴが教えてくれたこと』木村秋則

リンゴが教えてくれたこと

著:木村秋則
(日経プレミアシリーズ046)
出版:日本経済新聞出版社
定価:850円+税


「奇跡のリンゴ」生産者による書き下ろし

そんなことは絶対にできないと言われていた無肥料・無農薬によるリンゴ栽培。それに10年以上をかけて取り組み、最後には成功させた木村秋則さん。

その試行錯誤、紆余曲折がつづられている自伝的著作が本書です。


日本経済新聞紙面では1992年、1994年と木村さんのことを取り上げていましたが、2007年にNHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演したことで、一躍有名になりました。

また翌年(2008年)には、その番組を書籍化した『奇跡のリンゴ』(幻冬舎)が出版されてベストセラーにもなっています。




無農薬・無肥料は、是か? それとも、非か?

革新的とおもわれることには、逆風がつきものでしょう。

それは、栽培自体についてそうであったように、木村秋則さん関連の著作についても、そのやり方(農法)についても、賛否両論が生じています。多くは「賛」ですが、「否」もあります。


農業分野でセンセーショナルな試みと言えば、ユニクロがビジネスとして手がけようとした「永田農法」も有名なものですね。


何を使って、何をやるのか。

農業も含めて、すべての人的行為は自然から遠いところにあると、狭義では言えるでしょう。

それらの行為の、どこまでを許容範囲とするのかによっては、「奇跡のリンゴ」は美談にもなりますし、無謀な試みにもなってしまいます。たとえ、それが成功したという結果であっても。

エコ(エコロジー)、ロハス、スローライフ。

口当たりの良いことばでさまざまに表現されている、自然のままにというライフスタイルは確かに心地よいものです。けれども、ときには「きちんと考えてみる」。そんな時間を持つことも、必要なのではないでしょうか。




『リンゴが教えてくれたこと』(2009.06.16)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/366


クリック・アンケート

この記事 [ 『リンゴが教えてくれたこと』 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: フード ] カテゴリー:前後の記事を見る
ON THE ROCKS オンザロックス «前 | 次 » 『エル・ブリの一日』


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ