ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[[モードの極意]23:プロとアマ。] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: メール マガジン > [ [モードの極意]23:プロとアマ。 ]

[モードの極意]23:プロとアマ。

 No.23:プロとアマ。
└───────────────────────────────┐


 プロフェッショナル:玄人とアマチュア:素人。


 昨今では、その差は実質的に、あまりないのではないか?


 たとえば、下手なプロより上手なアマ。

 そうおもってみることは、
 どちらの立場であっても有効なのではないか、
 と考えているのです。



 それで対価をいただいているかどうかは、もちろん大きいでしょうし、
 心構えと言うか、取り組みの姿勢などにも
 相当な相違があるかも知れません。


 けれども、一つの物事をどのように成り立たせているのかという質、
 クオリティを表する尺度としては、
 プロであるかアマであるかは関係ないようにおもえます。

 カラーコーディネーターやインテリアコーディネーター、販売士など、
 ファッションに関連した資格というものも数多くありますが、
 それはあくまで所定の資格試験に合格したというだけのもの。


 専門的な勉強をする学校を出たからと言って、
 現場でうまく活用できる技術が身についているとは限らない。

 そんなことに似てはいませんか?

 わたしはこの人に、何をして差し上げられるのか。


 わたしはあなたに、何をしてもらいたいのか。

 それらがぴったりと決まるためには、
 資格やプロとアマの区別は、
 必ずしも必要ではない。

 特にファッション。

 その多くが、個人的な感覚という点において発動しています。

 気のせい、と言ってもいいくらいなもの。

 ひとつひとつは大層なことがないように見えて、
 自分がやってみると意外と難しいようなこと。

 そして、その差はわずかでも、
 それを相互に楽しめることがおもしろいのではないでしょうか。


 プロフェッショナルに対しては、アマチュアの謙虚さで。


 アマチュアに対しては、プロフェッショナルの気骨を以(も)って。

 そんな風に自在な振る舞いができることは、

 ファッショナブルな感性のひとつなのではないかとおもうのです。


┌───────────────────────────────┘
  (No.23:プロとアマ。~終)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ポワン・ド・ビュ http://www.pdv.co.jp/ (c)2009 All Rights Reserved.
  無断転載は禁止されています。引用の際は出典元を明記してください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


◎モードの極意を求めて|ファッション・センスの作り方
 はメールマガジン専門サイト「まぐまぐ!」を利用して、
 登録されたメールアドレス宛にお送りしています。

※このページはバックナンバー(配信済み分)です。

 気に入っていただけましたら、以下のフォームからメールアドレスを登録してください。
 次回の最新号からメールにてお届けいたします!

[モードの極意]23:プロとアマ。(2009.02.09)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/334


クリック・アンケート

この記事 [ [モードの極意]23:プロとアマ。 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: メール マガジン ] カテゴリー:前後の記事を見る
[モードの極意]22:国産プレタポルテ。 «前 | 次 » [モードの極意]24:CDGの魅力。


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ