ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[[モードの極意]18:一物多価の是非。] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: メール マガジン > [ [モードの極意]18:一物多価の是非。 ]

[モードの極意]18:一物多価の是非。

 No.18:一物多価の是非。
└───────────────────────────────┐


 一物一価は、経済学における用語。

 一物四価は、不動産。
 おもに土地の価格について用いられることばです。

 実際には、地価には四つ以上の基準があることから、
 一物多価とも言われているようですね。


   ファッションにおいても、  一つの商品に複数の価格設定がなされている場合があります。


 一物多価。

 わかりやすい例では、
 缶ジュースやペットボトル飲料が良いかも知れません。


 街中の自動販売機で売られているものは、
 一応は定価と呼べるでしょうか。
 仮に、一本120円としましょう。

 スーパーや量販店などで安売りされていると、同じものが98円。

 観光地の自動販売機なら、150円のこともあるでしょうか。


 飲食店では、グラスに注がれているかも知れませんが、
 中味は同じで280円であったりします。

 さらには、業態の違いに関係なく、
 販売されている店によっても違います。


 販売される時期(季節)や、
 もっと細かくいえば時間帯(タイムサービス)、
 新装(リニュアル)品が発売されるときの旧品扱いになる場合など、
 さまざまな価格バリエイションが考えられます。

 さて、ファッション品の場合。

 同じものを多店舗で同時に販売している企業では、
 販売済み率(消化率=売れ具合:売れ残り具合)
 に応じて値引き販売を始めたり。

 店舗によって販売実績の動向が異なるため、
 値下げ品目や時期がまちまちであったりする形態を、
 採用している量販店もあるようです。


 単一ブランドで直営店のみの販売メーカーであっても、

 定価販売の時期、

 顧客向けの先行割引の時期、

 一般セールの時期。

 アウトレット店での販売。

 ファミリーセール(社員・関係者向け)での販売。

 最終処分。


 などによって、一物多価であるというが実態です。


 これらの例では「価」を価格や値段と言う意味で用いていますが、
 ファッションにおいては、

 それを「価値」と読み替えたほうが良いのではないでしょうか。

 新品を恥ずかしいとおもう人。

 古着を中古品だと嫌がる人。


 特定ブランドだから好き/嫌い。


 毎日着ていたい。

 ここぞという日に着る。

 さらには、持っているだけでいい。


 レンタル品で身軽に。

 オーダーしないと気がすまない。


 定価なんてあり得ない、安く買うのが好き。

 いち早く定価で買って、着倒すのがポリシー。


 『みんなちがって、みんないい。』
 と詠う金子みすずではありませんが、
 基本的にはそれぞれで良いのだろうとはおもいます。

 けれども、
 「自分はこれ」というものを持っていないと、
 振り回されやすい時代なのかも知れません。

┌───────────────────────────────┘
  (No.18:一物多価の是非。~終)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ポワン・ド・ビュ http://www.pdv.co.jp/ (c)2009 All Rights Reserved.
  無断転載は禁止されています。引用の際は出典元を明記してください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


◎モードの極意を求めて|ファッション・センスの作り方
 はメールマガジン専門サイト「まぐまぐ!」を利用して、
 登録されたメールアドレス宛にお送りしています。

※このページはバックナンバー(配信済み分)です。

 気に入っていただけましたら、以下のフォームからメールアドレスを登録してください。
 次回の最新号からメールにてお届けいたします!

[モードの極意]18:一物多価の是非。(2009.01.26)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/328


クリック・アンケート

この記事 [ [モードの極意]18:一物多価の是非。 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: メール マガジン ] カテゴリー:前後の記事を見る
[モードの極意]週報2009_01_16 «前 | 次 » [モードの極意]19:選択と集中、分散。


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ