ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[[モードの極意]17:マンネリも悪くない。] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: メール マガジン > [ [モードの極意]17:マンネリも悪くない。 ]

[モードの極意]17:マンネリも悪くない。

 No.17:マンネリも悪くない。
└───────────────────────────────┐


 16世紀半ばのヨーロッパ、
 おもにイタリアを中心とした美術手法:マニエリスム。

 型の美を重んじる形式的な意識、
 そしてその技巧に過度にこだわる傾向から、
 マンネリ(マンネリズム)という蔑称を生むに至った様式です。


 そんなふうに聞きかじると、どうにも否定的ですが、
 ものごとには光と影、陰陽があります。


 どちらから何を見るかによって、新たなものが見えてくる。

 そんな気がします。

 自分が精通している分野の話しを、知らない人に説明しようとする。

 「でも、どうもうまく通じていないようだなぁ。」


 どうしてなの?


 改めて詳しく聞いてみると、


 「なーんだ!

  そんな基本的なことばから説明しないとわからなかったのか。


  わからないなら、早くそう言ってよ~。」

 なんて言う気持ちになったことはありませんか。


 自分が専門としている世界では
 そんなの当たり前だろうという事柄が、
 実はたくさんの知識を前提としていたりするものです。


 日常茶飯事な基本事項は、説明しなくてもわかる。


 それがルーチン:routine(ルーティーン)、
 つまりマンネリ=紋切り型と言えるものです。


 それを多く持っていればいるほど、
 実は、能力が高いということなのではないでしょうか。

 必要なところだけに集中できるということ。


 ファッションも、然(しか)り。

 考えずにできること=マンネリを増やすことが、
 ファッション・センスを磨く、
 ステップアップさせることにつながります。

 というのも、考えずにできていることは、
 はたから見ると、結構さまになっているんですよね。


 「見てると簡単、でもやってみると難しい。」


 そんな、真似しようとしてもできないのが、
 技(わざ)なのではないかとおもうのです。

 説明できないこと/しないことを、
 それは感覚だ、感性だ、創造性だと、
 ごまかさないようにしましょう。

 ましてや、秘密だと言って
 出し惜しみなどしないようにしたいものです。

 そして、どうもマンネリだなあと飽きるようになったら、

 また次のドアを開けて、新しい世界へ行ってみることにしましょう。


┌───────────────────────────────┘
  (No.17:マンネリも悪くない。~終)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ポワン・ド・ビュ http://www.pdv.co.jp/ (c)2009 All Rights Reserved.
  無断転載は禁止されています。引用の際は出典元を明記してください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


◎モードの極意を求めて|ファッション・センスの作り方
 はメールマガジン専門サイト「まぐまぐ!」を利用して、
 登録されたメールアドレス宛にお送りしています。

※このページはバックナンバー(配信済み分)です。

 気に入っていただけましたら、以下のフォームからメールアドレスを登録してください。
 次回の最新号からメールにてお届けいたします!

[モードの極意]17:マンネリも悪くない。(2009.01.19)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/324


クリック・アンケート

この記事 [ [モードの極意]17:マンネリも悪くない。 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: メール マガジン ] カテゴリー:前後の記事を見る
[モードの極意]16:「らしさ」を生かす。 «前 | 次 » [モードの極意]週報2009_01_16


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ