ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[アンティックドールハウス「イプセン」] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: ショップ > [ アンティックドールハウス「イプセン」 ]

アンティックドールハウス「イプセン」

アンティック ドール ハウス 『イプセン』※店内スナップ1

アンティック ドール ハウス 『イプセン』

住所:東京都渋谷区神宮前4-16-12 〒150-0001
電話:03-3404-1087
時間:午前11時~午後7時(日祝祭休)

閉店のお知らせ:2007年11月30日(金)をもって閉店しています。


「アンティーク ドール」とは?

文字通りの意味では、「100年以上前に制作された人形」のこと。

アンティーク(アンティック)という語句は、狭義では100年以上の時間を経たものをさすようですが、それに満たなくても、骨董的価値を持つものであれば、一般にアンティークと表現されているようですね。


類義語には、「ビスク ドール」ということばもあります。

こちらは、ウィキペディア フリー百科事典によると、以下のような説明があります。

ビスク・ドール(英語:bisque doll、アンティーク・ドールとも呼ばれる。フランス語ではpoupee en biscuit)は、19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の貴婦人・令嬢たちの間で流行した人形である。

ビスク・ドールの「ビスク」とはフランス語の「二度焼き」が語源であり、人形の頭部と手の材質が二度焼きされた素焼きの磁器(液状ポーセリン)製であったことに端を発している。




アンティック ドール ハウス 『イプセン』

近年は裏原宿と呼ばれて、ストリート系のウェアショップが注目されている一帯。そんな東京の原宿、明治通りと青山通りにはさまれた住宅地の一角に、そのお店はあります(ありました)。

アンティック ドール ハウス 『イプセン』入口
※アンティック ドール ハウス 『イプセン』入口


店内には、やさしい表情のアンティークドールが勢揃いしています。

ひとつひとつがそれほどには大きくなく、展示としてもコンパクトなスタイルですが、ヴォリュームはたっぷり。「アンティック ドール ハウス」という名称や、そのキャリアは伊達ではありません。


アンティック ドール ハウス 『イプセン』
※オーナー自ら撮っていただいた店内


「これはどんなアンティック ドールなのか?」は、だいたい見ればわかるとオーナー。

ロゴやタグだけで判断するのではなく、目利きは肌の質感などからもピンとくるのだそうです。


そういわれてみれば、本来の骨董品とはそのようなもの。「有名ブランド品であればイコール価値がある」という世界観とは一線を画すものを感じます。プロは一流の好事家でもあるのでしょう。


アンティック ドール ハウス 『イプセン』
※拡大画像(店内スナップ2)




アンティック ドール ハウス 『イプセン』の世界

アンティック ドール ハウス 『イプセン』
※拡大画像(店内スナップ3)

アンティック ドールだけではなく、ムードのあるアクセサリーや洋食器類の品揃えもあります。アンティック ドール用のお洋服も、一部オリジナルで制作されているとか。先日は、かわいい小さな麦藁帽子を拝見いたしました。


アンティック ドール ハウス 『イプセン』
※拡大画像(店内スナップ4)

アンティックだけでない作家物のドールや、テディ ベアなどの取り扱いも少しあります。


心地よい音色を奏でるアンティークのディスク・オルゴールもあり、豊かに落ち着けるアンティック ドール ハウス 『イプセン』。


現状では、インターネットでの販売予定はないとのことです。ご興味のある方は、ぜひ一度お店に足を運んでみてはいかがでしょうか。




【店舗紹介】(オーナーより)

アンティックのビスクドール(フランス、ドイツ)を取り扱っております。

店内には常時100体の人形をサロンの雰囲気の中でゆっくりとご覧頂けるように心がけております。

ご希望の人形も伺っております。
又、人形のドレスはご注文でお作りしております。

アンティック ドール ハウス 『イプセン』
住所:東京都渋谷区神宮前4-16-12 〒150-0001
電話:03-3404-1087
時間:午前11時~午後7時(日祝祭休)

※筆者注:一口に店舗といっても、オーナーのサロン(=邸宅の客間)のようなお店です。特に遠方よりいらっしゃる場合には、ご来訪の際にお店にご一報なさっておかれるほうが良いかも知れません。




追加情報

アンティック ドール ハウス『イプセン』
20周年記念感謝セール開催 30-50%OFF

アンティック ドール ハウス『イプセン』20周年記念感謝セールDM※DMはがき

2007年6月23日(土)~7月10日(火)
住所:東京都渋谷区神宮前4-16-12 〒150-0001
電話:03-3404-1087
時間:午前11時~午後7時 ※期間中は日曜日も営業

ここ数年、事情により顧客の皆様へダイレクトメールなどでのご案内ができなかったそうですが、この20周年を記念して開催される感謝セールでは、多くの方へご案内を差し上げることができそうとのこと。

しかし、その間に転居なされた方々へはDMが届かないだろうということに配慮して、ここでも告知をさせていただきます。

思い当たる方々は、ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

期間中にご来店の都合がつかない方には、ご相談にも応じてくれるようです。


<東京メトロ:表参道駅A2出口からの略図はこちら↓>

アンティック ドール ハウス『イプセン』店舗地図


追加情報

閉店のお知らせ

アンティック ドール ハウス『イプセン』は、2007年11月30日(金)をもって閉店※します。
※活動スタイルの変更および移転のため

本当に残念ですが、気になる方はぜひこの最後の機会に!




最新情報(2009年2月13日付)

イプセン主催
アンティークオペラバッグ 人形&ドレス展(※現在は終了)

アンティークオペラバッグ 人形&ドレス展byイプセン※展覧会DM

『古き良き時代のオペラバッグの逸品を一同に蒐集致しました。
 是非、ご覧頂きたく存じます。』

期日:2009年4月2日(木)~4月7日(火)
時間:午前11時~午後7時(最終日午後5時閉場)
会場:Galeria M(ガレリア・エム)
住所:東京都渋谷区神宮前5-1-14 CasaM 1F
会期中電話:03-3409-2622


移転により、現在では青山を離れている「イプセン」が、
展覧会主催者として原宿・表参道に期間限定で復活します。

よろしければ、どうぞ!

地下鉄:東京メトロ「表参道駅」A1出口徒歩3分
JR:山手線「原宿駅」徒歩10分

大きな地図で見る


【展示会終了のご報告】

『皆様ありがとうございました。おかげさまで、ご好評のうちに無事終了することができました。また1年後くらいには展覧会を開催する予定です。その際は、改めてどうぞよろしくお願いいたします。』主催者:イプセン※

(※筆者注:イプセン様へのご連絡には電話番号 078-965-7257 をご利用ください。)

アンティックドールハウス「イプセン」(2007.04.09)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/251


クリック・アンケート

この記事 [ アンティックドールハウス「イプセン」 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: ショップ ] カテゴリー:前後の記事を見る
丸ビル&新丸ビル «前 | 次 » スワロフスキー クリスタル ソサエティ


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ