ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[ファントマDVD発売] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: ライフ > [ ファントマDVD発売 ]

ファントマDVD発売

ファントマ3作品一挙DVD化


ファントマ映画祭ミニチラシ※ファントマ映画祭ミニチラシ


2006年秋に東京(渋谷)、大阪、京都、名古屋の各都市で順次リバイバル公開された『パリが生んだ伝説の怪盗ファントマ』映画3部作。やはり、というべきでしょうか。2007年春にDVDとして発売されます。


「ファントマ」DVD発売日: 2007年2月21日

映画が公開された都市にお住まいでない方やご覧になれなかった方、もう一度いや何度でも観たい!という方々には、うれしい情報です。


DVD化されるのは映画公開時と同じ『ファントマ 危機脱出』、『ファントマ 電光石火』、『ファントマ ミサイル作戦』の3作品ですが、ひとつにまとめられていてお買い得なセット『トリコロール・ボックス』も、2007年2月21日に同時発売されます。


映画公開時のチラシにあった著名人のコメントを読むと、また「観たい!」という気持ちにさせられます。


ファントマ映画祭ミニチラシ※ファントマ映画祭ミニチラシ(内側)
 ⇒ 拡大画像(文章部分のみ)


ドタバタSFコメディな仕上がりは、同じフランスのジャック・タチによる『ぼくの叔父さん』シリーズも、ほうふつとさせます。本「ファントマ」作品群、フレンチなお笑いがお好きな方には特におすすめできるシリーズですね。



『ファントマ 危機脱出』(1964年)
 

※引用~【作品概要】見事な手腕の怪盗ファントマに手を焼くパリ警視庁のジューヴ警部は、市民を動揺させまいと、テレビを通じてファントマを必ず捕まえるとフランス全土に宣戦布告する。しかし、ジューヴの傲慢を感じた新聞記者ファンドールは、美貌のフィアンセにしてカメラマンのエレーヌとの会話からヒントを得て、ファントマは架空の人物だという飛ばし記事を書き、ジューヴ警部の反感を買う。さらには実在しているだけにファントマの怒りも当然買い、ファントマの秘密基地に誘拐されてしまう。そしてファンドールは、何者にでも変身出来てしまう犯罪王の力に取り込まれてしまうのだった…。



『ファントマ 電光石火』(1965年)
 

※引用~【作品概要】前作での功績を表彰されることになったジューヴ警部の勲章授与式でのこと。そこに1通の祝電が届いた。それはなんとファントマから。ファントマはテレパシー誘導銃を開発していたマルシャン教授を誘拐し、今度は共同開発者のルフェーブル教授に牙を剥く。もちろんそれは、世界征服を企んでいたからこそ。一方、ファントマの恐るべき計画に早々と気がついたファンドールは、ファントマから得た力で教授に変装し、同じく教授に変装したファントマはエレーヌも誘拐し、あろうことか彼女にプロポーズする。ルフェーブル博士だらけのドタバタ劇とジューヴ警部の珍兵器が見物。



『ファントマ ミサイル作戦』(1967年)
 

※引用~【作品概要】舞台はパリからスコットランドへ。人類を破滅させる秘密兵器を入手したファントマは、世界中の資産家から生命を保証するかわりに税金を徴収しようとする。これに反旗を翻したラシュレー卿は、かつての秘密組織の仲間やイタリアのマフィア、そしてジューヴ警部やファンドール、エレーヌたちと組んでファントマに対抗する。しかしラシュレー卿は愛犬に睨まれ、ラシュレー夫人にいつもと違う要求をするなど何故か彼らしさがない。一方、夫人の情夫ベルティエは狐狩りのタイミングを狙ってラシュレー卿殺害を計画。そしてその狐狩りで3人の招待客が何者かに襲われ、誘拐されてしまう。



ファントマ トリコロール・ボックス(3作品セット)

 



・参照記事:ファントマ映画祭2006
 ⇒ http://www.pdv.co.jp/mt_blog/archives/2006/08/post_149.html



・ファントマ映画祭2006:公式サイト
 ⇒ http://www.fantomas.jp/

映画公開時の予告編を含めて各種の映画情報が掲載されていますが、2006年12月21日現在のところDVDの情報はありません。

ファントマDVD発売(2006.12.21)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/241


クリック・アンケート

この記事 [ ファントマDVD発売 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: ライフ ] カテゴリー:前後の記事を見る
日本におけるイタリア 2007・春 «前 | 次 » 機能性インナーウェア


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ