ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[ニュメロ・トウキョウ] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: ニュース > [ ニュメロ・トウキョウ ]

ニュメロ・トウキョウ

‐Numero TOKYO‐

ニュメロ・トウキョウ 0号 / Numero TOKYO No.0※0号(表紙)

2007年 春 創刊予定雑誌
「ニュメロ・トウキョウ」


創刊? リニュアル? 新雑誌?

以前ご紹介したフランス発のモード系雑誌「Numero」。
その「ニュメロ」が、単なる翻訳ではない、日本語版(日本独自記事)の雑誌となって創刊されるようです。

準備号である番号ゼロ号の巻頭言には、以下のようにあります。

Numero TOKYO宣言!
毒抜きされたモード誌はもういらない。毒は本質にこそ宿る。
(中略)
クリエイションが詰まったモード誌、Numero TOKYO上陸。


2006年秋冬は色として黒(ブラック)が多くみられますが、それを差し引いても、表紙からはクリエイションやモード的なるものを感じさせてくれます。

各記事の文字数は少なめで、各ページのデザインもいじりすぎていないため、小気味良くページを繰ることができます。

記事例:
 Mode カール・ラガーフェルドが撮りおろす 華麗なるクチュールの世界
 a new vision for Tokyo 建築家、安藤忠雄が語るこれからの東京 ほか


これがいくらで販売されるのかという、コストパフォーマンスも気になるところです。



どこまでやるのか、できるのか

有名海外ブランドの広告を載せること自体、すでに毒抜きされていると見ることもできそうなファッションの世界。

単にアートやクリエイティヴ系の記事が多いファッション(モード)誌、ではないところを期待したいですね。


公式サイトでは、この0号本誌の進呈や年間購読モニタへの応募、プレゼントへの応募を申し込むことができます。「来年まで待てない、気になるー!」という方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。(なお、都内書店では0号本誌が無料で配布されているところもあるようです。)


・ニュメロ:公式サイト(日本語)
 ⇒ http://www.numero.jp/


・関連記事:『雑誌「ニュメロ」』  ⇒ http://www.pdv.co.jp/mt_blog/archives/2004/10/post_53.html

・関連記事:『Numero TOKYO創刊』
 ⇒ http://www.pdv.co.jp/mt_blog/archives/2007/02/numero_tokyo.html

ニュメロ・トウキョウ(2006.10.03)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/232


クリック・アンケート

この記事 [ ニュメロ・トウキョウ ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: ニュース ] カテゴリー:前後の記事を見る
デザイナーズ・インビテーション・プロジェクトbyユニクロ «前 | 次 » メリー グリーン クリスマス@伊勢丹2006


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ