ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[『料理通信』] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: フード > [ 『料理通信』 ]

『料理通信』

料理通信 第1号
※拡大画像(表紙)

料理通信
The Cuisine Magazine * EATING WITH CREATIVITY

2006年6月6日に創刊第1号となる7月号が発売された新雑誌。売価980円。

販売は(株)角川春樹事務所。位置付けは月刊ランティエ別冊という扱いのようです。


ちょっと大人の料理雑誌

見ているだけでも、なかなかに楽しい誌面作り。
ちゃんと読み込みどころもある内容に仕上がっています。

出稿されている広告も、ブランド品やデザイン的に優れたものたちが、多く掲載されています。


料理の一皿一皿についてもいろいろとコメントされています。でもレシピ解説本ではありませんから、特別でない限りはキャプション的なものです。レシピや作り方のヒントが載っていて、そんな指導が欲しい場合は、他の雑誌のほうが適しているかも知れません。


取材や紹介されているレストランには、きちっとスーツを着て、もしくはセットアップでもそれなりにコーディネイトして、出かけてみたくなります。もちろん、食事を楽しむパートナーと共に至福の時間を過ごすために。


・「The Cuisine Magazine 料理通信ONLINE」:公式サイト
 → http://r-tsushin.com/

上記公式サイトには、本誌で語りきれなかった内容やメールマガジンの登録、定期購読の申し込みページもあります。



元「料理王国」編集隊による創刊

料理王国で編集長を4年弱務めた君島佐和子氏が、スタッフ8人とともに同出版社を退職して立ち上げた新媒体が「料理通信」なのだそうです。

気になるその退職理由は、2005年に同出版社が買収され、社としての方針が編集側と合わなかったためだそうです。話のネタとしては気になるところですが、どうでもいいことでもあります。


そして、編集スタッフによるブログが「TRIPPA通信」(トリッパつうしん)。創刊までの活動記録ということでしたが、その後も外伝のように継続中です。


・TRIPPA通信:@ニフティ・ココログ内
 → http://trippa.cocolog-nifty.com/trippa/




参考雑誌:料理王国
料理王国
※fujisan.co.jpで雑誌&購読情報を見てみる

『料理通信』(2006.06.16)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/210


クリック・アンケート

この記事 [ 『料理通信』 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: フード ] カテゴリー:前後の記事を見る
ボルドー100選 «前 | 次 » オリーブ・オイル『LA』


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ