ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[パラッツォ・グラッシ改装開館] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: アート > [ パラッツォ・グラッシ改装開館 ]

パラッツォ・グラッシ改装開館

新生パラッツォ・グラッシ(グラッシ館)
内装リニュアル:安藤忠雄

パラッツォ・グラッシ(グラッシ館)
※Palazzo Grassi 外観(同館サイトより)

パラッツォ・グラッシ:公式サイト・トップページ(イタリア語、フランス語、英語選択可)
 → http://www.palazzograssi.it/


イタリア:フィアット社からフランス:PPRへ

ヴェネツイアに旅行した折りには、ぜひ訪れたい場所のひとつ「パラッツォ・グラッシ」は、総督宮殿や鐘楼を擁するサン・マルコ区のほぼ西端、大運河:カナル・グランデ沿いに位置する美術館です。

1700年代半ば頃、グラッシ家によって建てられた館は、1978年には美術の展示空間へと衣替えされ、さらに1983年にはフィアット社がオーナー(所有者)となっていました。

そして現在のオーナーは、フランス屈指の流通グループPPR(旧ピノー・プランタン・ルドゥート)会長フランソワ-アンリ・ピノー氏。

グッチ、イヴ・サンローラン、ブシェロン、ボッテガ・ヴェネタ、アレクサンダー・マックィーン、ステラ・マッカートニー、バレンシアガ、プランタン百貨店などのファッション・グループとして有名です。

・PPR:公式サイト(フランス語、英語選択可)
 → http://www.ppr.com/



期待されていたピノー現代美術館

もともとはパリ郊外のルノー工場跡地であるセガン島に建設予定であったピノー現代美術館の計画が中止となったため、同館建設に際しての設計競技(コンペティション)を勝ち取っていた安藤氏が、本件にそのまま起用された模様です。

セガン島の企画は大掛かりなものでしたし、世界的な期待値もさぞ大きなものであったとおもわれます。対してパラッツォ・グラッシは歴史的建築物でもあり、内装でしか氏の見せどころがないのはとても残念なことでしょう。


これからの期待はどこに?

世界遺産にも登録されている人気の高いヴェニスですが、沈みゆく街といわれることのあるアドリア海の女王は、高い物価と狭い土地ならではの社会問題、観光地としての今後など、すべてが明るい材料ではないのも事実でしょう。

そんな折り、30年以上にわたって2,000点以上のモダンアート・コンテンポラリーアートをコレクションしてきたピノー氏が、そのコレクションの公開だけではなく、ヴェネツィアに広く関わることになるのだとしたら、大いに期待したいところです。

なぜなら、ヴェネツィア市は1997年から放置されている税関跡の建物の活用を、コンテンポラリーアートセンターとしてではあれ、氏に協力を打診しているのだそうですから。



パラッツォ・グラッシ:公式サイト
「where are we going? (私たちはどこへいくのか?)展」紹介ページ例(英語)

where are we going?

 → http://www.palazzograssi.it/en/2.html


パラッツォ・グラッシ改装開館(2006.05.16)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/199

このリストは、次のエントリーを参照しています: パラッツォ・グラッシ改装開館:

» 水の都と貴族の館と現代の美術@venezia from satohshinya
「Palazzo Grassi(パラッツォ・グラッシ)」はカナル・グランデに面... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月24日 04:21


クリック・アンケート

この記事 [ パラッツォ・グラッシ改装開館 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: アート ] カテゴリー:前後の記事を見る
武満 徹 展 «前 | 次 » 大竹伸朗 全景 回顧展


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ