ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[2005-2006秋冬オートクチュール:パリ] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  本/雑誌:: モード > [ 2005-2006秋冬オートクチュール:パリ ]

2005-2006秋冬オートクチュール:パリ

2005-2006 Autumn & Winter Collection
HAUTE COUTURE /PARIS

gappress14※表紙拡大画像

ギャッププレス14号
『gapPRESS vol.14』
定価:1,200円(税込)
表紙:CHRISTIAN DIOR(クリスチャン ディオール:ジョン ガリアーノ John Galliano)


・それぞれの個性が活きたコレクション

ディオール、ゴルチエ、ラクロワ、ヴァレンティノ、アルマーニなどの大御所は大御所らしく、新進ブランドはそれぞれの個性をそのままに、各メゾンらしさのあるウェアを発表したコレクションといえます。

ゴージャスなドレスに不可欠な、卓越した技術によるファーや刺繍はもちろん健在。エスニック&フォークロアは落ち着きを魅せています。


そんな今回の特長としては、ヌーディー(裸身的)なボディ、デイウェアとしてのクチュール・テーラード。

チュールを多用したディオールをはじめ、各デザイナーがそれぞれにモデルの肌の上にレースや刺繍を乗せていました。

アルマーニらしいショートジャケットなど、贅沢なデイウェアも数多く登場しています。


・自然体のボディ コンシャス ライン=シルエット

奏でられている通奏音は、ナチュラルな身体認識がもたらす、女性の体の凹凸をそのまま生かしたスタイル。構築的なデフォルメはクラシックなラインをなぞる時だけで、できる限り抑えられています。

多くのアクセサリーも極端に主張することなく、オートクチュールとして必要にして十分な豪華さをたたえて用いられています。

(収録ブランド数:オートクチュール18+プレタポルテ3)


●Amazon.co.jpで詳しく見てみる
gappress14

2005-2006秋冬オートクチュール:パリ(2005.11.24)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/148


クリック・アンケート

この記事 [ 2005-2006秋冬オートクチュール:パリ ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[本/雑誌:: モード ] カテゴリー:前後の記事を見る
2005-2006秋冬プレタポルテ:東京/バルセロナ/マドリッド «前 | 次 » 2006春夏プレタポルテ:ミラノ/ニューヨーク


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ