ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[『アクセサリーが消えた日本史』] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ファッション:: コラム > [ 『アクセサリーが消えた日本史』 ]

『アクセサリーが消えた日本史』

acce_kietanihonshi.jpg

光文社新書 謎解き アクセサリーが消えた日本史

奈良時代後、装飾品の空白期1100年。
その謎解きに迫る。

出版:光文社
定価:700円+税


アクセサリーと聞くと、その名が英語のせいか西洋だけに固有なものとおもえますが、決してそうではありません。

縄文や弥生という古代の数々の出土品は、日本独自の装飾文化があったことを物語っています。しかし奈良時代以降、日本には装飾品の空白期が1100年もの間に渡って存在していました。


「指輪の文化史」などの著作を持つ著者は、本書でその謎解きに迫っています。


アクセサリーの不在はどうして起こったのか?

わたしたちのDNAにあるはずの、固有なアクセサリー観とは何なのか?


太古から続く、自分たちのルーツに想いをめぐらせてみる、、、

そこから翻って、わたし自身を見てみたら、、、


そんな気持ちにさせる読み物です。


●Amazon.co.jpで詳しく見てみる

『アクセサリーが消えた日本史』(2004.11.13)
ページの先頭へ↑


クリック・アンケート

この記事 [ 『アクセサリーが消えた日本史』 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ファッション:: コラム ] カテゴリー:前後の記事を見る
『ファッション中毒』 «前 | 次 » 夏物セール


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ