ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[《 study for proun G7 》プロウン G7 のための習作] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  ライフスタイル:: アート > [ 《 study for proun G7 》プロウン G7 のための習作 ]

《 study for proun G7 》プロウン G7 のための習作

ellissitzky_proun_g7.jpg

EL LISSITZKY
エル リシツキー
47、9cm×38、7cm 1922年前後
Collection Stedelijk Museum Amsterdam


2003-4秋冬コレクションにおいて、ロシアンテイストを取り入れたメゾンがいくつか見られました。

今シーズンのトレンドであるグラフィカルなデザインの一つの源泉でしょう。


前世紀初頭はロシアアヴァンギャルド(ロシア)、立体-未来派(イタリア)、ダダおよびシュルレアリスム(フランス)などが同時多発的に起き、社会を巻き込んだ芸術運動として盛り上がりを見せました。


ロシアアヴァンギャルドで最も有名な作家はマレーヴィッチだとおもわれますが、この絵はロシア構成主義と言われる抽象表現において、必ず言及されるであろう作家のひとり、「リシツキー」の1枚です。


1890年ロシア生まれ 1941年没

※画像は post card を撮影したものです。

●ポストカード購入店
⇒オン サンデーズ ON SUNDAYS http://www.watarium.co.jp/



武蔵野美術大学におけるリシツキーのタイポグラフィ展:関連書籍

エル・リシツキー 構成者のヴィジョン

・武蔵野武術大学:公式サイト 同書紹介ページ
 → http://www.musabi.co.jp/books/068_lissitzky/detail.html

《 study for proun G7 》プロウン G7 のための習作(2003.12.01)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/79


クリック・アンケート

この記事 [ 《 study for proun G7 》プロウン G7 のための習作 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[ライフスタイル:: アート ] カテゴリー:前後の記事を見る
《 花2 》 大竹伸朗 «前 | 次 » 《 Martha Graham 》 アンディ ウォーホル


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ