ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[『ヴェネツィアン ビーズ』] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  本/雑誌:: ビーズ > [ 『ヴェネツィアン ビーズ』 ]

『ヴェネツィアン ビーズ』

ヴェネツィアン ビーズ

別冊太陽 骨董をたのしむ-39 ヴェネツィアン ビーズ

「骨董をたのしむ」というシリーズらしい、アンティークやヴィンテージのビーズ・ネックレスを中心に紹介。1000年以上の歴史を持つといわれるヴェネツィアンビーズの概要を網羅しています。おそらく日本語では初めてヴェネツィアンビーズそのものに着目した本格派の特集本として、その書名に恥じない充実ぶり。特におすすめできる一冊。

出版:平凡社
定価:2,600円+税


<内容説明>

ビーズについては、以下の3つの章があります。

1.ヴェネツィアンガラスの起源とも考えられるローマングラスのビーズなど、古代、中世、近世のトンボ玉。

2.アフリカなどへの交易用として製作された、褐色の肌にもっとも似合うといえるような、はっきりとした色調を持つ1800年前後のビーズ。

3.現代的な装飾性が表れているとともに、欧州らしい華やかさのある1900年以後のビーズ。このパートがメインとして、ページ数も一番多くなっています。


このほかには、著者とコレクターの対談や、現代にも受け継がれている制作技法などの説明もあって、充実した内容です。

店頭で比較的よく見かけることのできる、その名を冠したビーズ達とは違う、希少なヴェネツィアンビーズの魅力をたっぷりと味わえます。図版も愛情を感じさせる仕上がりで、著者とそのパートナーである写真家ならではの、美しいカットで埋め尽くされています。

ちょっと高いかも知れませんが、その価値が十二分にある満足の一冊。ぜひご購入をおすすめします。

●Amazon.co.jpで詳しく見てみる




※参考:太陽 1997年10月号 特集ヴェネツィア 海の都の物語

taiyou.jpg

某伯爵邸宅のレポートや美術散歩案内、レストランやバーカリの数々、お土産物の紹介まで楽しい内容。写真も美しく、執筆陣もそうそうたるメンバー。古本屋さんで見かけたら手に取ってみてはいかがでしょうか。

発行時定価:¥1,000(税込) 発行:1997年10月12日出版:平凡社

『ヴェネツィアン ビーズ』(2001.09.24)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/18


クリック・アンケート

この記事 [ 『ヴェネツィアン ビーズ』 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[本/雑誌:: ビーズ ] カテゴリー:前後の記事を見る
«前 | 次 » 『ヴェネツィアンビーズ』


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ