ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[ガラスと色~2] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  アクセサリー:: 素材案内 > [ ガラスと色~2 ]

ガラスと色~2

発色用金属の使用には時代性が反映されています。

一例として、大正時代中期以降に用いられるようになったオレンジ系の赤はセレンという金属で、それ以前から用いられていた金によるピンク系の赤などとは色味が異なります。


また、精製技術が向上した現代では、同じ金属を同じ分量で使用しても、発色の仕方に違いが生じます。

このようにガラスの色は、アンティークと銘打っているガラス器を見分ける際には、まず最初にわかりやすい指標ともなりえます。

色はガラスの魅力にとって大切な要素の一つですから、上記以外にも奥行きのある話がたくさんあるでしょう。

ガラスと色~2(2000.04.03)
ページの先頭へ↑


クリック・アンケート

この記事 [ ガラスと色~2 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[アクセサリー:: 素材案内 ] カテゴリー:前後の記事を見る
ガラスと色~1 «前 | 次 » ベネチア:表記方法


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ