ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!
[ベネチアンガラス:歴史と工房] エントリー別ページ|ポワン・ド・ビュ
スポンサード リンク
ポワン・ド・ビュ :: 新しいアクセサリーを通して生活をいっそう楽しく!

ベネチアンビーズアクセサリー|ポワン・ド・ビュ

ホーム >  アクセサリー:: 素材案内 > [ ベネチアンガラス:歴史と工房 ]

ベネチアンガラス:歴史と工房

ベネチアンガラスは鉛を含まないガラス(ソーダ石灰ガラス)で、あらゆる色を表現できるといわれています。その多彩さと発色の美しさは歴史的に受け継がれ、大きな特徴となっています。透明度こそクリスタルガラスなどにゆずるものの、その温かみのある表情はベネチアンならではといえるでしょう。主に生産されてきた島の名から、ムラノガラス(murano glass)とも呼ばれます。

landscape.gif
大運河(カナル グランデ)
~リアルト橋をのぞむ~


【歴史】
ベネチアンガラスは、一千年、またはそれ以上ともいわれる伝統があります。

もともとイタリアは古代ローマ帝国の本拠地でした。その時代に吹きガラス技法が発明され、以前よりも量産化が可能になり、ガラス製品が全世界に広まっていきました。

ローマンガラスと呼ばれるそれは、東は日本にまで至るほどの隆盛を極めましたが、西ローマ帝国の崩壊と共に衰えていきました。しかし、その技術は途絶えることなくベネチアンガラスへと受け継がれ、ベネチアのガラス産業は政府も一体となり発展していきました。

最もそれを強化したのは、1291年の法令(ガラス職人やその家族までをもムラノ島に集中させた法律)によると言われてます。これは島外脱出者を厳しく罰し、逆に功績のあった者には手厚い保障を与えるというアメとムチの掟であり、それによって技術は守られ発展していったのです。

その後、ガラス技術そのものの発展や流行、各国による貿易の力関係などにより、ベネチアンガラスも隆盛や衰退を繰り返しつつ、その名声は今日にまで至っています。


【工房】
ガラス工房は、それぞれが特徴をもち独立しています。たとえば鏡なら鏡専門の工房、シャンデリアならシャンデリア専門、グラスならグラス専門などと、得意な分野が歴史的に形成されている場合が多いようです。

現在は大きな工房となっているところでも、創業時には家族的なところから始まっています。そのため、ガラス師として有名な姓を名乗る一族では、実際の関係の遠近がどうであるかにかかわりなく、時代を追うごとにその名を含んだ工房が増加と減少を経て、受け継がれてきたようです。

この点は、ドメーヌ(ワイン製造者)が相続を経て、複雑に分岐しながら増えたり、時には減じたりしていくのと近いのかも知れません。

製品分野だけでなく、ガラスそのものの色使いなどもそれぞれの工房ならではの特徴があり、代々のマエストロ(熟練した技術や技法を認められたガラス職人)達が歴史的に受け継いできたものです。

伝統的な工房というシステムでは、物作りの現場においては職人のピラミッドが形成されています。
 ・見習い < ・徒弟 < ・親方(マエストロ)
といったヒエラルキー(階層)です。しかしながら、工房全体のイメージを印象付けているのは、工房専属のデザイナーの仕事です。いわば、「造る人=マエストロ」と「創る人=デザイナー」の二人三脚が工房の要といえるでしょう。

その点ではオートクチュールのメゾンなどでの、デザイナーとパタンナーの関係にも似たものがありそうです。



※ガラス炉(窯)を使う作業中はとても暑いため、下のスナップ写真のように真冬でも半袖短パンツの人もいます。ちなみに、8月はバカンスで工房はお休みです。暑くてできないのかも(^^ゞ

atelier.gif
ガラス製品の製作
~ある工房にて~


【所感】

以前からベネチアは沈み行く都市だと言われてきましたが、街そのものよりも、工芸技術の継承がうまく行かなければ、ガラス産業自体が空洞化してしまうかも知れません。ベネチアンガラスに感銘を受けたものの一人として、ベネチアン本来の高度な技術のあるガラス器や、職人技で製造されたビーズが絶えないことを希望します。




追記(2007.11.20)

最近ではガラス工芸用の素材として、ベニスからガラス棒などの材料が輸入販売されているようです。そのため、日本製のガラス工芸品であっても、使用素材の表記としてベネチアンガラスと表示することが有り得る状況になりました。

以前は「ベネチアンガラス」といえば、文字通りベニスのガラス製品という意味から、「ベニスの地において作られたガラス製品一般を指し示すことば」と同義でした。

これからは、素材だけがベネチアンガラスなのか、制作まで含めた意味合いでベネチアンガラスなのかという呼称の点において、注意が必要かも知れません。

ベネチアンガラス:歴史と工房(2000.04.03)
ページの先頭へ↑

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pdv.co.jp/mvtp/mt-tb.cgi/25


クリック・アンケート

この記事 [ ベネチアンガラス:歴史と工房 ] について
◎よかった
○ふつう
△もっと知りたいことがある


※いただいたコメントなどは、より有益な記事作成のために活用させていただきます。
※当社からの返信を希望される場合には、下記のページをご覧ください。
 ⇒ お問い合わせ方法のご案内

[アクセサリー:: 素材案内 ] カテゴリー:前後の記事を見る
ベネチア:表記方法 «前 | 次 » ベネチアンガラス:技法


| ホームページへ戻る |




ホームページへ戻る ポワン・ド・ビュ

↑このページの先頭へ戻る

Copyright © 2000-2014 Point de Vue S.A. All Rights Reserved. | (株) ポワン・ド・ビュ